変更をレビューする

リープする前にロックする

作業が完了したら、恒久的に記録することに先駆けて変更をレビューするのはよい考えです。 この方法で、何を意図しているのかをコミットすることを確認できます。

2つのbzrコマンド: statusdiff はとりわけ便利です。

bzr status

status コマンドは最後のリビジョン以降に作業ディレクトリに行われた変更内容を伝えます:

% bzr status
modified:
   foo

bzr status は 変更されないもしくは無視される “つまらない” ファイルを隠します。 statusコマンドはチェックするためにオプションとしてファイルもしくはディレクトリの名前を渡すことができます。

bzr diff

The diff コマンドはすべてのファイルへの変更の全文を標準のunified diffとして表示します。 これは ‘’patch’‘、 ‘’diffstat’‘、 ‘’filterdiff’’ と ‘’colordiff’‘といった多くのプログラムを通してパイプで引き渡すことができます:

% bzr diff
=== added file 'hello.txt'
--- hello.txt   1970-01-01 00:00:00 +0000
+++ hello.txt   2005-10-18 14:23:29 +0000
@@ -0,0 +1,1 @@
+hello world

-r オプションによって、ツリーは前のリビジョン、もしくは示された2つのリビジョンの違いを表示します:

% bzr diff -r 1000..          # everything since r1000
% bzr diff -r 1000..1100      # changes from 1000 to 1100

--diff-options オプションによってbzrは外部のdiffプログラムにオプションを渡して実行します。例です:

% bzr diff --diff-options --side-by-side foo

プロジェクトの中には新旧のファイルのためのパスの始めで接頭辞を表示するためにパッチを好むところもあります。 --prefix オプションはそのような接頭辞を提供するために使われます。 ショートカットとして、 bzr diff -p1patch -p1 コマンドで機能する形式を生み出します。

目次

前のトピックへ

ファイルの登録を制御する

次のトピックへ

変更を記録する

このページ