FastCGIでBazaarを提供する

このドキュメントでは、Apache 2.0とFastCGIもしくはmod_pythonを利用して Bazaar HTTPスマートサーバーをセットアップする1つの方法を説明します。

スマートサーバーに関する詳細な情報とそれを設定する他の方法に関しては、 メインのスマートサーバーのドキュメントを参照してください。

プレーンなHTTPで /srv/example.com/www/codehttp://example.com/code/... として すでに公開しているとします。これはbzrのブランチと /srv/example.com/www/code/branch-one/srv/example.com/www/code/my-repo/branch-two のようなディレクトリを含みます。 既存のHTTP形式のアクセス権限に加えてリードオンリーのスマートサーバーのアクセス権限を これらのディレクトリに提供したい場合を考えます。

Apache 2.0を設定する

FastCGI

最初に、mod_fastcgiを設定します。たとえば次の行をhttpd.confに追加します:

LoadModule fastcgi_module /usr/lib/apache2/modules/mod_fastcgi.so
FastCgiIpcDir /var/lib/apache2/fastcgi

我々の例では、`http://example.com/code` で /srv/example.com/www/code をすでに提供しているので 既存のApacheの設定は次のようになります:

Alias /code /srv/example.com/www/code
<Directory /srv/example.com/www/code>
    Options Indexes
    # ...
</Directory>

.bzr/smartの形式で終わるURLに対するすべてのリクエストを扱うために 次のように変更する必要があります:

Alias /code /srv/example.com/www/code
<Directory /srv/example.com/www/code>
    Options Indexes FollowSymLinks
    RewriteEngine On
    RewriteBase /code
    RewriteRule ^(.*/|)\.bzr/smart$ /srv/example.com/scripts/bzr-smart.fcgi
</Directory>

# bzr-smart.fcgiはDocumentRootの元に存在しないので、実行されるように
# AliasはこれをURLの名前空間のエイリアスにする。
Alias /srv/example.com/scripts/bzr-smart.fcgi /srv/example.com/scripts/bzr-smart.fcgi
<Directory /srv/example.com/scripts>
    Options ExecCGI
    <Files bzr-smart.fcgi>
        SetHandler fastcgi-script
    </Files>
</Directory>

この設定はFastCGIを通して /code 内部の /.bzr/smart で終わるURLに対する Bazaarのスマートサーバーへのリクエストを扱うようにApacheに指示します。

詳細な情報は mod_rewritemod_fastcgi のドキュメントを参照してください。

mod_python

最初に、次のようなコードをhttpd.confに追加してmod_pythonを設定します:

LoadModule python_module /usr/lib/apache2/modules/mod_python.so

FastCGIと同じ方法でmod_rewriteを用いて書き換えルールを定義します:

RewriteRule ^(.*/|)\.bzr/smart$ /srv/example.com/scripts/bzr-smart.fcgi

変更は次のようになります:

RewriteRule ^(.*/|)\.bzr/smart$ /srv/example.com/scripts/bzr-smart.py

mod_fastcgiのように、スクリプトがどのように扱われるのかも定義します:

Alias /srv/example.com/scripts/bzr-smart.py /srv/example.com/scripts/bzr-smart.py
<Directory /srv/example.com/scripts>
    <Files bzr-smart.py>
        PythonPath "sys.path+['/srv/example.com/scripts']"
        AddHandler python-program .py
        PythonHandler bzr-smart::handler
    </Files>
</Directory>

この設定はmod_pythonを通して /code 内部の /.bzr/smart で終わるURLに対するリクエストを Bazaarのスマートサーバーに渡すように指示します。

注: bzrlibがPATHの中に存在しない場合、次の行を変更する必要があります:

PythonPath "sys.path+['/srv/example.com/scripts']"

変更後は次のようになります:

PythonPath "['/path/to/bzr']+sys.path+['/srv/example.com/scripts']"

詳細な情報は mod_python のドキュメントを参照してください。

Bazaarを設定する

FastCGI

/srv/example.com/scripts/bzr-smart.fcgi でスマートサーバーを実行するためにApacheを設定しました。 これはスマートサーバーを設定するために書く必要のある単なるシンプルなスクリプトで サーバーをFastCGIのゲートウェイに結びつけます。次のようになります:

import fcgi
from bzrlib.transport.http import wsgi

smart_server_app = wsgi.make_app(
    root='/srv/example.com/www/code',
    prefix='/code/',
    path_var='REQUEST_URI',
    readonly=True,
    load_plugins=True,
    enable_logging=True)

fcgi.WSGIServer(smart_server_app).run()

 `fcgi`のモジュールはhttp://svn.saddi.com/py-lib/trunk/fcgi.pyで見つかります。 これは flup の一部です。

mod_python

/srv/example.com/scripts/bzr-smart.py でスマートサーバーを実行するためにApacheを設定しました。 これはスマートサーバーを設定するために書く必要のあるシンプルなスクリプトでサーバーをmod_pythonの ゲートウェイに結びつけます。次のようになります:

import modpywsgi
from bzrlib.transport.http import wsgi

smart_server_app = wsgi.make_app(
    root='/srv/example.com/www/code',
    prefix='/code/',
    path_var='REQUEST_URI',
    readonly=True,
    load_plugins=True,
    enable_logging=True)

def handler(request):
    """Handle a single request."""
    wsgi_server = modpywsgi.WSGIServer(smart_server_app)
    return wsgi_server.run(request)

modpywsgi モジュールは http://dev.pocoo.org/projects/pocoo/browser/pocoo/wrappers/modpy.py で見つかります。 これは pocoo の一部です。modpywsgi.pyをbzr-smart.pyと同じディレクトリ (すなわち/srv/example.com/scripts/)に設置していることを確認してください。

クライアント

これで bzr+http:// 形式のURLを利用できます:

bzr log bzr+http://example.com/code/my-branch

プレーンなHTTP形式のアクセスも持続します:

bzr log http://example.com/code/my-branch

高度な設定

BazaarのHTTPスマートサーバーはWSGIアプリケーションなので、 WSGI標準に準拠するサードパーティのWSGIのミドルウェアもしくはサーバーで利用できます。 唯一の要件は以下のとおりです:

  •  `SmartWSGIApp` をコンストラクトするためには、それが提供する root transport を指定する必要があります。
  • それぞれのリクエストの environ dict は ‘bzrlib.relpath’ 変数の設定を持たなければなりません。

この例で使われている make_app ヘルパーは それに渡される root パスに基づいたトランスポートを伴う SmartWSGIApp をコンストラクトし、引数 prefix と`path_var` に基づくそれぞれのリクエストに対する  `bzrlib.relpath` を算出します。 上記の例において、これは (Apacheによって設定される)’REQUEST_URI’ を取り、接頭辞の ‘/code/’ と接尾辞の ‘/.bzr/smart’ をはぎ取り、それを ‘bzrlib.relpath’ として設定するので、 ‘/code/foo/bar/.bzr/smart’ に対するリクエストは ‘foo/bzr’ の ‘bzrlib.relpath’ になります。

SmartWSGIApp を直接コンストラクトすることで、ローカルではないトランスポートに対して スマートサーバーを設定するもしくは任意任意のパスの変換を行うことは可能です。 詳細な情報に関しては bzrlib.transport.http.wsgi のdocstringsと WSGI標準 を参照してください。

bzr+http:// を通してpushする

httpスマートサーバーを通してデータをプッシュすることは可能です。 これを行うための最も簡単な方法は、 wsgi.make_app() コールに readonly=False を 提供するだけです。ただし、スマートプロトコルは認証機能が含まれないので注意してください。 書き込みのサポートを有効にする場合、 実際にシステム上のデータを書き込みできる人を制限するために、 .bzr/smart URLへの権限を制限するとよいでしょう。

現時点では、同じURLに対して読み込み限定の人と読み込みと書き込みの人を分けることはできません。 (認証を行う)HTTPレイヤーにおいて、すべては単なるPOSTリクエストだからです。 しかしながら、HTTPSアクセスの場合に認証が必要な書き込みサーバーを使い、 プレーンなHTTPは読み込み限定のアクセスを許可することは確実にできます。

目次

前のトピックへ

Eメールを設定する

次のトピックへ

プラグインを書く

このページ